Talked to a Stranger On Valentine’s Day

From artbook [FAUSTUS], Misako Oba: (The page cropped.)

[Behind the story]                                – Japanese follows: [裏話] 日本語も下記に続きます。

It was in the late afternoon and it seemed I was the last patient at the hospital. This happened in New York City in 2006. It feels like a long time ago, but I clearly remember the moment the doctor said it, and I felt devastated in my mind while I kept staying cool in front of him. Do I really need to have my finger amputated?  It was out of the blue. I asked him many questions. He didn’t give me the exact name of the medical condition, but he was so sure that my right pinkie should be amputated. Soon. Right after our dialogue was done, nurses who didn’t know our conversation came in to the doctor’s room and left boxes of the chocolate on his desk. I glanced at it. He was smiling at them and getting ready to leave and go home. On my way out at the hospital, everyone looked happy and saying, “Happy Valentine’s Day!♥”  Yes, it was Valentine’s Day when my journey of this right pinkie thing started.

As I left the hospital, I figured it was too much to tell this unexpected thing to anyone who are close to me. I didn’t feel like telling. I needed to digest by myself at fist about what’s happening. If I told  my family or close friends, they would be definitely worried about. I just didn’t want to make them unnecessarily worry while I was still hoping that there should be the another option.

Yet, my heart was very heavy.  I don’t why, but interestingly and to be surprised myself, I talked to a stranger sitting next to me in subway, and chatted and told my situation. The person cheered me up with the bright attitude and I felt easier a little bit. I knew I would never see this person again. Thinking back, maybe that is why I felt ok to talk to. Hope no burden on him. Also, on that night, I happened to meet a group of people who will later on become my good friends.

Once in a while, Valentine’s Day still reminds me of those things.

And, the story goes on….

———-

傷もなく、何もしていないのに、小さな針穴が開いたヨーヨーから水が飛び出すように、小指から突然ひどく出血したため、市内(ニューヨーク)の病院を訪れた。2006年のバレンタインデーのことだった。もう随分昔のことにも思えるがその時の場面は、脳裏に焼き付いている。自分の番が回ってきたのは、病院がそろそろ閉まろうとしている頃だった。若い男性のドクターは、まるで「風邪ですね」と言うのと同じように、さらりと言い放った。実際に他に方法はないと言わんばかりに、再度の出血を防ぐには小指は切断しなければならない、との診断だった。予期せぬ事態に、心の中ではかなり取り乱していだが、平静を装い、矢継ぎ早にとにかく色々質問をした。あまりに急なことだし、きっと他の病院なら治療法もあるはずと、とりあえず「考えます」ということを伝えた。

診察が終わると、すぐに看護師たちが入ってきて、ドクターの机にチョコレートの箱を置いていった。「あー、今日はバレンタインデーだ…」。ドクターはチョコをもらってニコニコ笑っている。それらを横目で眺めつつ、人が指を切断しなきゃいけない危機にあるというのに、この人たちや他人にとってはひとごとだし、別に大きなことじゃないんだな〜、と思いつつ、帰りがけにも、病院内のスタッフたちが、うれしそうに「Happy Valentines’s Day! Have a good evening!」と声を掛け合っているのを聞きながら、病院をあとにした。重くのしかかってきた事実をどうやって受け止めればいいのか —-

これまで不自由なくあった指が突然なくなるかもしれない、自分にとっては究極に残酷とも思えることをドクターに突きつけられた時、私は、なぜか、親しい人たちにすぐに告げることはできなかった。日本の家族にも、アメリカでの親しい友達にも。相談してもそこで解決することではないし、いたずらに心配をかけるだけだと思ったのか…自分でもよくわからない。たぶん、自分の中で消化しきれていないし、絶対指を切らずにすむ方法もあるに違いないと、思っていた。とはいってもやり場のない思いはどうすればいいのか。

そして、帰りの地下鉄の中、私は自分でも予想していなかった行動に出た。隣に座り合わせた人に、なぜか小指のことを話したのだ。ニューヨークではエレベーターや地下鉄で、知らない人ともちょっとした会話に発展することはあるが、もちろん、通常はあまり個人的な内容にはならない。短い会話だったが、その人は明るく励ましてくれ、私も少し気持ちが軽くなった。その人とは2度と会うことはないが、だからこそ負担なく話せたのかもしれないと、後で思った。

今でも時々、バレンタインデーが来ると思い出す。

そしてその時、その日から、突然の日常が壊れ、病院・医師探し、正確な病名は? 自分の小指はどうなるのか….困惑、迷いのジャーニーが始まったのだった。

ストーリーは続き、写真とともに展開していく….。

 

でも今回の『FAUSTUS』写真集は、いわゆる”闘病記”でもなければ、ジャーナリズムとしてドキュメンタリー風にまとめたものでない。…と、少なくとも制作者、私の編集意図はそこではない。
もちろん、一度、手を離れた作品(集)は、ご覧いただいた方それぞれによって、印象や理解が様々であると思う。

一方、この『FAUSTUS』より先に、米国で私家版としてまとめた写真集The Gift of Lossは、ドキュメンタリ—風のフォトエッセイになっていて、ジャーナリズム的なものだ。編集の仕方も違い、別の写真もたくさん入っている。

 

 

 

 #  #  #